テニスリンク

ダイエット

2009年4月23日 (木)

プロテイン?(AKI)

足を痛めて安静にしていると、当然の事ながら運動不足になり、トレーニングも出来ません。うっかりすると、すぐにリバウンドしてしまうので、取り急ぎ「食事を減らす」事になります

極端な食事制限が体に良くない事は理解していますので(健康診断の前夜以外)絶食した経験は無いのですが、長年の蓄積脂肪が多かったので、これまでは割と単純に「炭水化物」を減らす、「糖分」や「油分」を取らない・・・といった事だけ考えていました

でも、これだけ続けて「筋肉」を傷めたという事は「たんぱく質」不足だったのかな?と思い始めました。ダイエットを頑張りすぎると「栄養不足」あるいは「栄養の偏り」が生じる可能性は大きいですから、注意が必要ですね

運動せずに「プロテイン」を飲むのはデブのモトなので危険ですから(笑)、食べ物で上手く取り入れなければなりません。尊敬するタコ君様は「膝の為にナンコツ」摂取を心がけていらっしゃるようですが(笑)、大豆たんぱくやお肉など(カロリーに気をつけながら)ちゃんと食べようと思っています       AKI

2008年8月 6日 (水)

スタミナ(AKI)

ダイエットにより体重を○○kg以上落としてから1年ほど経過しました

食事制限と運動の2本立てで、サイズダウンにも成功しましたので「いいことづくめ」のようですが、強いてデメリットを上げると・・・

  1. お酒が弱くなった
  2. スタミナ切れを感じる時がある

1の方は「単位体重当たりのアルコール分解能力」が決まっているとすれば、体重が減った分、能力が落ちるのは当然な訳で、「飲み過ぎ注意」と肝に銘じています(笑)

2の方は「ダイエット成功により、翌日に疲れが残る度合いが格段に減った」という実感があるので、紙一重なのですが、運動しない日は炭水化物を減らしているせいか、やはり「スタミネ切れかな?」と感じる日がある・・・という漠然としたイメージです

行きつけの整体の先生にも「今年は無理をしないで、しっかり栄養を取って、スタミナをつける夏にした方がいいね」と言われました。炭水化物だけでなく、たんぱく質やビタミン・ミネラルなどの摂取にも気をつけて、体作りをしていきたいと思います       AKI

2008年1月20日 (日)

ダイエット成功への道4:サイズダウン(AKI)

間が空いてしまいましたが、久しぶりにダイエット話の続きを・・・(笑)

ここまで「減量」の話が中心でしたが、実際には「見た目の変化」つまり「サイズダウン」が重要になります。その意味で、今回は「筋肉量をほとんど減らさずに体脂肪を減少させる事ができた」為、「学生時代のベスト体重」に戻ったというだけでなく「あの時より細く見える」と言われます

学生時代のサイズの記録は残っていないのですが、恥を忍んで今回のダイエットによるウェストサイズの変化を記録しておきますと 2006年7月10日:99.5cm → 2006年7月25日:91.5cm → 2006年11月21日:83.0cm → 2007年7月:73.5cm

マイナス26cmですか~自分でも笑ってしまいますね。「別人28号」と言われるのも当然でしょうか(笑)。Motoにも「以前は前から見た体の幅と横から見た幅が同じだった」と言ってからかわれますが、要するにビア樽のような体型だった訳です

それから「見た目」で言うと「着ている物」も重要なポイントになると、つくづく感じました。まず太っている頃は「パツンパツンの洋服を無理して着ていると思われたくない」というデブ特有の心理が働きまして(苦笑)ついつい緩みのあるものを着ておりました。スポーツウェアのパンツなどはメンズのLサイズ、どうかするとセール品のLLサイズを着ていた事もあります

これが、15kgも減量すると着ているものがブカブカになるのは当然で、さすがに買い換えるようになり、同じLサイズでも、メンズと違ってレディスのパンツは「デザインがスリム」である事を初めて知りました(笑)。トップスもレディスはかわいいデザインのものがあり、セールなど買い物の楽しみも増えました

現在はまだ「レディスのLサイズ」という感じなので、もう少しシェイプアップして「レディスのMサイズ」を着られるようになることが、今の目標です       AKI

2008年1月10日 (木)

ダイエット成功への道3:トレーニング(AKI)

以前から(手頃な月謝の)スポーツクラブに入会していましたが、膝を痛めて以来スタジオ・エクササイズはご無沙汰、泳いだり、たまにアクアビクスをやったり、テニスの帰りにお風呂代わりにサウナ&大浴場・・・などどいう贅沢な使い方をしておりました

テニスは(それなりの)運動量はあると思いますが、ややもすると無酸素運動になってしまうような気がしますし、ダイエットのためのトレーニングを考えた時、久しぶりにジムでマシン・トレーニングを始める事にしました。といってもマッチョになりたい訳ではありませんので、有酸素運動とからめて「シェイプアップ」を目的とする「筋トレ」メニューを組んで週に1~2回やることを心がけ、月末に必ず「体成分分析」の測定をする事を決めました

これが予想以上に大成功!スタート時点の私の体脂肪量は34.0kg、筋肉量は47.4kg(残りは骨と水分ですから体重がほぼ想像つきますね・・・笑)。これが半年で体脂肪量20.4kg、筋肉量45.7kgと、筋肉はさほど減らさずに体脂肪を減らすという嬉しい結果が出たのです

そして1年半後の先月の測定では、体脂肪量14.6kg、筋肉量44.9kgでしたから「減らした体重20kgは、ほぼ体脂肪の減少」と言えそうなのは、自慢してもいいですか?(笑)

実は今日もスポーツクラブに行って来ました。1年半で少しだけウェイト(重り)のレベルを上げ、現在のメニューはこんな感じです。 ①.チェストプレス(胸と腕):ウェイト22.5kg×10回×2セット ②ラットマシン(背中上部と上腕):ウェイト30kgで同じ回数&セット ③レッグエクステンション(太腿の前):同31.8kg ④レッグカール(太腿の後ろ):同32.5kg ⑤アダクター(太腿内側):同45kg ⑥アブダクター(太腿とヒップの外側):同45kg ⑦ローワーバック(背中の下部):同35kg ⑧クランチ(腹筋):80回×2セット 又はショートプログラムの「お腹シェイプ」15分 ⑨バイク(自転車こぎ)20分

もちろん、前後にはストレッチをし、時間に余裕のある時は3セットやったり、更にクロス・マシンで20~30分ステップしたりする事も(たまに)ありますが、いかがでしょうか?筋トレ・マニアの方からみると「たいしたことない」と言われそうなメニューでお恥ずかしい限りですが、これが私には効果的でした

ただ微妙に難しいのが、テニスの試合前日&翌日は休養&体のメンテナンスを考えてトレーニングは避けているので、試合数が増えるとトレーニングを休みがちになってしまうのが悩みのタネです。今年は出来れば週2回を目標に「標準体重」を目指したいと思っています

もう少し続く・・・       AKI

ダイエット成功への道2:食生活の見直し(AKI)

ダイエット開始に際して、まずは食生活の見直しから始めました

①主食の炭水化物絶ち ②揚げ物絶ち ③間食絶ち ④外食絶ち ⑤禁酒 ⑥野菜と汁物たっぷりの食事 ⑦夜8時以降は食べない ⑧食前に粉寒天をお湯に溶いて飲む(満腹感&お腹のお掃除)

これを聞くと大抵の人は「それは無理~」とギブアップ宣言します(笑)。ただし私もやったのは「一ヶ月間だけ」で、こんな禁欲生活は長続きするものではありませんし、そもそも20kg以上減量しなければいけない人間が、最初に勢いをつけるために期限付きでやった事ですので、他人様にお勧めできる方法ではないと思います

この結果、とりあえず一ヶ月で5kg少々減量したのですが、予想通り「炭水化物絶ち」のせいでスタミナ切れしてしまい、草トーでせっかく勝ち進んでおきながら準決勝あたりで疲れ果てて息切れ・・・という大会が出てきました

そこで、これ以降は ①テニスやゴルフなど運動する日は朝と昼、主食の炭水化物をきちんと食べる ②揚げ物は外食時などに1品だけ ③間食も運動する日だけ ④外食する日はあまり細かいことを言わずに楽しみ、翌日プチ断食(炭水化物絶ち&野菜・汁物) ⑤お酒も解禁(飲みすぎとつまみのカロリーに注意し、シメのお茶漬けやラーメンは我慢) ・・・と少し緩め、⑥~⑧は極力そのまま心がけました

その結果、次の一ヶ月間は見事に体重の変化が無く「やっぱりダメか~」と思いかけたのですが、スポーツクラブの体成分分析で「筋肉量が増え、体脂肪が減っている」事が判明

そこで、ここからトレーニングを増やしていくことになります

続きは次回に     AKI  

2008年1月 8日 (火)

ダイエット成功への道1:原因の確認(AKI)

正直に申し上げますと「20kgの減量に成功した」と言っても、ようやく「学生時代のベスト体重に戻った」だけで、実はまだ標準体重に達しておりません(苦笑)。「あと少し」までいったところで昨年夏の暑さでバテ気味になり足踏み状態。さらに年末年始の飲食過多と運動不足で3kgほどリバウンドし、あわてて2kg戻したところです

とはいえ、昨年は久しぶりに会った友人・知人に「え~?見違えちゃった~」と驚かれたり、時には「まさか・・・癌とか病気じゃないよね?」と疑われたり、楽しい日々でした(笑)。テニスの試合で1~3年ぶりに会った人などは「おはようございます」とご挨拶してもキョトン顔(笑)。しばらくしてから「ひょっとしてAKIさん?わからなかった~」と言われる事がほとんどで、ダブルスのパートナーに「最近は別の人と組んでるのかと思った」と言われるケースも多くて大笑い

そして、必ず聞かれるのが「どうやったの?」

その都度「色々やったのよ~」と説明したのですが、ちょっとまとめてみようと思います。

まず最初に考えたのが、今までの失敗も含めて「何が太る原因なのか?」の確認 ①運動もしているが消費カロリー以上に食べ過ぎ ②特に炭水化物大好き(ご飯・麺類など全て) ③揚げ物も好き ④夕食の時間が遅くなりがち ⑤お酒を飲むと食欲倍増

・・・なんだか書いていて情けなくなってきましたが、とにかく20kg以上の減量を目指す以上、ある程度は過激にやるしかない、そして最初が肝心!と覚悟を決めました

具体的にやった事は次回に・・・       AKI

2008年1月 7日 (月)

ダイエットの歴史(AKI)

幼い頃から体を動かす事大好きなおてんば娘でしたが、母が料理上手で来客も多かった為か、小学校低学年で既に「肥満児」でした(苦笑)

中学校入学後、校舎改築工事が始まり体育の授業は当然体育館でやれるものに限られ、小学校の頃通っていたスイミングスクールをやめた事もあって、摂取カロリーが消費カロリーを上回る日々が続きます

高校に入って硬式テニスを始めましたが(一応)都立の受験校だったので、学生同士が自己流でお気楽にやっていただけですし、2年秋の文化祭が終わると現役引退。それほどガリガリ受験勉強した訳ではないのですが、夜型だったので夜食&運動不足が肥満進行を加速させます

その結果、最初のピークは大学入学時!「相撲取りの妹?」と言われそうな程、顔も体もまん丸で、ついに写真を破り捨てました(アルバムに貼っていません・・・苦笑)

そして「学内のコートを利用できるのが(当時は)体育会だけだった」という理由でサークルではなく体育会の硬式テニス部に入部。初日はウォーミングアップの「グラウンド2周」でもただ一人遅れてしまう有様でしたが、後に母親から「テニス学科に入学させた覚えは無い」と言われるほどテニス漬けの毎日が始まります

部活が(それなりに)ハードだったので、食事は3食きちんと食べていましたが「運動後の飲み物は牛乳かトマトジュース」と決めていたお陰か、1年後には体重が15kg減っていました。ただ、特に「ダイエット」を意識していた訳では無く「自然にやせてしまった」ような感覚だった事で気が緩み、後のリバウンドへとつながります

大学卒業後は「運動部出身者」にありがちな「運動量は減っているのに食欲は減らない」症候群に突入。再び肥満が進行していきます。何度かダイエットもトライしましたが、仕事のストレスもあり「食べなきゃ体がもたない」という言い訳(誰に?・・・笑)で長続きしません

平成元年に結婚が決まった時も「ウェディングドレス目指してダイエット!」と思って頑張っていたのですが、挙式3ヶ月前に(久しぶりにやった)テニスで右足ふくらはぎを肉離れ、しかも初体験だったのでケイレンと間違えて思いっきりスポーツマッサージしてもらい翌日から動けず一週間松葉杖(トホホ)。全治3ヶ月で、結局、ウェディングドレスは(貸衣装と同じくらいの値段で買えるものを見つけて購入し)目立たない両脇でサイズ直しをして貰いました

結婚後も仕事を続けていた事もあり、中途半端なダイエットとリバウンドを繰り返し、5年前に体重のピークを迎え(この時の数字はMotoにも内緒にしています・・・バレてるとは思いますが・・・笑)そこから○kgは減らしたのですが、またもや挫折

そして2年前の7月。ちょっとした事がきっかけで「今度こそ本気でダイエット!」を決意。1年間で20kgの減量に成功しました

前置きが長くなってしまったので、続きは次回に・・・      AKI

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ